備品類の持込・荷物の事前事後発送

「備品類の持込み」については、混線の可能性があることからワイヤレスマイクの持込みはできませんが、それ以外の備品であれば持ち込むことができるようです。

 

しかし持ち込んだ備品を設置したり利用する会議室で使えるようにしたりするための調整は利用する側で行う必要がありますので、下見の段階で持込み予定の備品が問題なく使用できるかどうかを確認しておかなければトラブルの原因になってしまいます。

 

また近年はパソコンを持ち込むことが多いようですが、パソコン使用に必要なLANケーブルやハブなどの備品は利用する側で準備するのが一般的です。
なお備品の持込み料は掛かりませんが、大型の備品の持込みを含めて事前の連絡(申込書に記載)が必要です。

 

「荷物の事前発送」についても、前日であれば荷物を搬入することは可能です。
しかし預かってくれる荷物の数に限りがあることもあって断られるケースがありますので、必ず事前に連絡を入れて確認しておきたいものです。

 

貸し会議室には、機能的なコピー機が設置されているとはいえません。
自由に利用できる有料のコピー機やコイン式コピー機を設置している貸し会議室は多いのですが、
短時間で大量のコピーや格安のコピーは期待できません。大量の資料類は自社でコピーして届けておく方が効率的です。

 

「荷物の事後発送」については、着払いの宅配便で対応してくれる貸し会議室が大半です。
しかし集荷時間は業者により異なりますから、当日の集荷時間に間に合わない場合、
大量の荷物の発送は貸し会議室の保管スペースの関係で断られることもありますので注意が必要です。